2021年3月17日産経新聞 同性との不倫が「不貞行為」と認められた事例に島田栄作弁護士が取り上げられました

妻と不倫した女性に夫が損害賠償を請求できるかどうかが争われた訴訟で、同性同士の性的行為も「不貞行為にあたる」として、妻の不倫相手の女性に慰謝料など11万円の支払いを命じる判決が言い渡されました。男性は妻が同性愛に関心があることを理解し、女性と親しく付き合うことは認めていましたが、「行為までは許容していなかった」としており、賠償額が不十分だとして控訴しています。

近年、このような不貞行為をめぐる訴訟は、性別に捉われない司法判断が続いています。高裁レベルでは昨年、同性の事実婚カップルを法的に保護すべきだとする判断が示されました。(女性同士のカップルが、一方の不貞行為で破局したことの損害賠償を求めた訴訟で、1審宇都宮地裁は110万円を支払うよう命じ、2審東京高裁判決も1審判決を支持)

今回の訴訟で原告代理人を努めた島田栄作弁護士は、「同性カップルが家族として共同生活を送る社会的実態を考慮すれば、不倫が既存カップルの関係性を脅かす可能性があることは、異性間でも同性間でも変わらない」と指摘しています。

 

The following two tabs change content below.
アバター

葛西臨海ドリーム法律事務所

西葛西駅より徒歩1分の場所に位置する、離婚分野に注力している法律事務所。豊富な経験を持つ複数の弁護士で迅速な対応。浦安新聞にて離婚に関する連載も執筆している。まずはお気軽にお問い合わせください。

トピックスの最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP