新着解決事例&トピックス

浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㉗別居と離婚

こんにちは。弁護士の矢野京介です。 今回は「別居と離婚」についてお話しいたします。 「不貞行為など特に大きな原因はなく性格の不一致で離婚したいと考えているが、相手が応じてくれない。」といったご相談者に対し、依頼者の方の離婚の意思が固かったり、一緒にいることが苦痛で辛いといった場合には、まずは「別居」してみてはいかがでしょうかと提案をすることがあります。 日本の法律では、夫婦の間に「婚姻を継続
続きを読む >>

浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㉖親権者の決め方

こんにちは。弁護士の矢野京介です。 未成年の子がいる場合の離婚で非常に問題となってくるのが「親権問題」です。 現在の日本の法律では共同親権は認められず、親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚することはできません。 今回は、親権が話し合いで纏まらず調停や裁判となってしまった場合、どのような基準で親権者が決められるのか、お話ししたいと思います。 親権者の決定基準として何よりも大切に考
続きを読む >>

浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㉕財産分与 退職金

  こんにちは。弁護士の矢野京介です。 今回は、離婚の際、退職金は財産分与の対象になるのかという問題についてお話ししたいと思います。 退職金ですと、場合によっては何千万という金額になることもあるので、財産分与の対象になるかどうかというところは非常に切実な問題といえます。 まず初めに、財産分与の対象となる財産は何かというと、基本的には、婚姻期間中に夫婦が共同で築いた全財産が対象となります
続きを読む >>

相場よりも高い慰謝料を払ってもらうことで、納得できる解決を図ることができた事例

依頼者 30代女性 相手方 30代男性 別居の有無 約1年 主な争点①離婚原因の存否 解決までの期間約半年 事案の概要 夫婦関係調整調停(離婚)後、不倫をしていた夫が、相談者である妻に、離婚訴訟を提起してきた事案。 問題点 本来、不倫をした側である夫が慰謝料として妻に金銭を支払うべきにもかかわらず、相談者である妻に離婚原因があるとして、離婚訴訟を提起してきました。 このよう
続きを読む >>

男性が親権を認められた事例

依頼者 30代男性 相手方 30代女性 別居の有無 調停が申し立てられるまで8ヵ月前から別居 主な争点①親権 解決までの期間5か月 事案の概要 相談者の妻が不倫をした後に、相談者である夫と二人の間の子どもである長男(当時4歳)を置いて家を出て、不倫相手のもとに行き、その後、相談者である夫に対し、子の引き渡しを求めてきた事案。 問題点 この事案では、相談者は、不倫相手のもとに行
続きを読む >>

経済的事情から、すぐには離婚に踏み切れない女性が夫に一定の事柄を誓約させて夫婦関係を修復した事例

依頼者 40代女性 相手方 40代男性 別居の有無 なし 主な争点①夫が不倫をしたけれども、経済的不安から離婚できない妻の対処方法 解決までの期間2か月 事案の概要 妻と夫の間には、子供がおり既に成人していたが、夫は長年不倫しており、不倫相手との間にも未認知の子供がいた事案。妻からご相談を受けました。   問題点 不倫をされた妻としては、離婚して、夫と不倫相手に慰
続きを読む >>

浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㉔財産分与 不動産

こんにちは。弁護士の矢野京介です。 自宅が持ち家である場合、離婚する際、どのように分与すればよいのか悩まれる方が多くいらっしゃいます。今回は、離婚する際の財産分与、特に不動産の分与についてお話しします。 まず、婚姻後に取得した自宅不動産は、名義にかかわらず、原則として夫婦の共有財産として財産分与の対象になります。 分与する方法としては、売却して売却代金を分けるか、一方が不動産を取得して他
続きを読む >>

浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㉓離婚後のサポート

   こんにちは。弁護士の矢野京介です。 今回は、離婚後ひとり親になった場合の公的な支援制度についてお話しします。 女性が離婚する場合の不安材料は、なんといっても経済面ではないかと思われます。 また、お子様がいる場合、子どもの預け先の確保なども必要となり、シングルマザーとなって、仕事・家事・育児すべてを一人でこなすことはとても大変です。 ですから、離婚を考え始めたら離婚前からまず仕事や住
続きを読む >>

相手方からの特異な反論

依頼者 40代女性 相手方 40代女性 別居の有無 離婚後の訴訟提起(離婚前は別居なし) 主な争点 ①既に婚姻関係が事実上破綻しており、相手方が婚姻関係を破綻したのではないのではないか ②依頼者の夫が、強制的に相手側に肉体関係をせまり、相手側はむしろ被害者ではないか 解決までの期間 約半年 事案の概要 夫の不倫により離婚した元妻が、元夫の不倫相手に慰謝料を請求した事案で、客観的
続きを読む >>

浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㉒結婚契約書

    こんにちは。弁護士の矢野京介です。 今回のテーマは「結婚契約書」です。 「結婚契約書」とは、これから夫婦となられる男女、あるいは既に入籍されている夫婦の間で、今後の円満な夫婦関係を構築するために結婚生活の約束事を決めて作成する契約書のことです。 これは、日本ではまだあまり馴染みがありませんが、女性の社会進出と経済的自立が進む近年では、旧来の男女の役割分担も見直されつ
続きを読む >>

<< 前の記事を見る

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP