浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㊹不貞慰謝料請求で退職を要求されたら

こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回は、不貞慰謝料請求で退職を要求された場合
についてお話しいたします。
不倫がバレてしまった場合、「不倫の代償」として考えられるものが慰謝料請求です。
不倫は、法律的にも「不法行為」とされており、被害者の方が不倫の証拠を押さえている
場合には、加害者の方は慰謝料の請求から逃れることは難しく、実際にお金を払わなくて
はならなくなるケースが多いです。

また、不倫をした加害者に対し、いわゆる社会的制裁を要求する被害者も少なくありま
せん。特に社内不倫の場合には、加害者に対し会社を辞めるよう要求したり、加害者の会
社に対して解雇することを要求したりすることもあります。しかし、たとえ被害者の方か
ら会社を辞めるよう要求されても、法的に退職を強制することはできませんので、それを
聞き入れる必要はありません。同様に、社内に不倫の事実が伝わり、会社が退職するよう
働きかけてくるようなことがあったとしても、不倫をしたという事実は、あくまでもプラ
イベートな問題であり、本来会社とは関係ありませんので、会社が不倫を理由とした解雇
をすることはできません。

冒頭で、「慰謝料請求の支払いを逃れることは難しい」と申しましたが、交際していて
も、性的な関係がない限り慰謝料を支払う必要はありませんし、不倫相手が既婚者である
ことを知らなかった場合には、状況次第では慰謝料を支払う必要がない場合もあります。
また、被害者の方が不倫の事実を知ってから3年以上経過している場合も、慰謝料請求権
についての消滅時効が成立している可能性がありますので、不貞慰謝料請求についてお悩
みの方は、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

The following two tabs change content below.
アバター

葛西臨海ドリーム法律事務所

西葛西駅より徒歩1分の場所に位置する、離婚分野に注力している法律事務所。豊富な経験を持つ複数の弁護士で迅速な対応。浦安新聞にて離婚に関する連載も執筆している。まずはお気軽にお問い合わせください。

トピックスの最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP