浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㊸有責配偶者からの離婚請求

こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回のテーマは、「有責配偶者からの離婚請求」です。

離婚の原因には、性格の不一致のように、どちらが悪いとは一概に言えないものもあれば、明らかに一方に落ち度があるものもあります。有責配偶者とは、婚姻関係破綻の原因について主として責任のある配偶者のことをいい、具体的には、民法で定められている5つの離婚原因(①不貞行為 ②悪意の遺棄 ③三年以上生死不明 ④強度の精神病で回復の見込みがない ⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由)を作った者のことを指します。

有責配偶者から離婚の請求はできないのが原則です。有責と受け取られる行動をとり、相手を傷つけた上、相手が望まない離婚を求めることは、社会正義に反すると考えられるためです。ですから、夫(又は妻)が浮気をして家を出たうえ離婚を求めてきたが、妻(又は夫)としては離婚を望まないといった場合、妻(又は夫)は、拒否をすれば、離婚はそう簡単に認められませんので、きちんと意思表示することが大切です。

では、有責配偶者が離婚を認められるにはどうしたらよいのでしょうか。原則、裁判所は有責配偶者からの離婚請求は認めませんが、これはあくまでも原則であり、①別居期間が長期に及ぶ ②夫婦間に未成熟の子が存在しない ③離婚される側の配偶者が離婚によって精神的、社会的、経済的に過酷な状況にならない といった3つの条件を充たす場合には、有責配偶者からの離婚請求が認められることがあります。

有責配偶者から離婚を請求されたが離婚したくないという方、有責配偶者だが離婚したいという方は、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

 

The following two tabs change content below.
アバター

葛西臨海ドリーム法律事務所

西葛西駅より徒歩1分の場所に位置する、離婚分野に注力している法律事務所。豊富な経験を持つ複数の弁護士で迅速な対応。浦安新聞にて離婚に関する連載も執筆している。まずはお気軽にお問い合わせください。

トピックスの最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP