浦安新聞連載コラム「家庭の法学」㊱モラハラ夫(妻)との離婚

モラハラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回のテーマは、「モラハラ夫(妻)との離婚」です。

様々な「〇〇ハラ」という言葉が飛び交う昨今、「モラハラ」もすっかり定着してきましたが、実際モラハラ夫(妻)と離婚したいと思った場合、離婚することはできるのでしょうか。

モラルハラスメントは簡単に言うと、家庭内におけるいじめのようなもので、モラハラ夫(妻)の特徴としては、

①自己顕示欲が強い

②自分の非を認めない

③突然怒り出す

等が挙げられます。

相手の同意があれば、離婚は成立しますが、モラハラ夫(妻)と話し合いをすることは相当困難です。

相手が同意しない場合には、モラハラの場合「婚姻を継続しがたい重大な理由」に該当するかどうかが問題となります。

モラハラの期間と程度が酷く、きちんとこれを証明できる証拠が揃っていたら、モラハラを理由として裁判で認めてもらうことができるでしょう。

しかし、モラハラの期間が短かったり、程度が低く証拠がない場合、裁判所は離婚を認めてくれません。

そこで、モラハラを理由に離婚したいなら、きっちりモラハラの証拠を集めておくことが非常に重要となります。

そして、離婚を進めるにあたっては、

①話し合いをする

②話し合いで離婚に応じてもらえない場合には速やかに別居する

③離婚調停、婚姻費用分担調停を申立てる

④調停でも相手が離婚に応じない場合には離婚訴訟を起こす、

といった順序で進めることになります。

パートナーのモラハラでお悩み方、モラハラが原因で離婚したいが恐くて相手と話ができないという方は、第三者が間に入ることで精神的苦痛がかなり軽減されると思いますので、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

トピックスの最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP