年収2000万円以上の方の離婚問題

婚姻費用と養育費

jutakuroan_edited婚姻費用や離婚をする際の養育費については、裁判所が公表している算定表を参考にして、その金額が決められます。

ところが、算定表では、義務者の年収の上限が金2000万円となっているため、これを超える場合はどうなるのか?

というご質問をしばしばいただきます。

実は、この点については、議論が分かれています。

一方では、これらの支払義務は、配偶者や子供に自分の生活と同程度の生活を保持させる義務であるから、夫の年収に応じて、婚姻費用や養育費の金額も増加するという考え方があります。

他方では、夫の年収が2000万円を超えて高い場合、その大部分は貯蓄に回される可能性が高いため、それ以上は増額させないという考え方もあります。

裁判所においても、明確な基準ができあがっているわけではありませんので、個々の家庭の事情に応じて、裁判官が個別に判断することになります。

従って、これらの点をいかに裁判官に訴えるかが重要なポイントになります。このためにも、年収2000万円以上の方の離婚は、専門家である弁護士に相談することをお勧めします。


当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP