結婚したばかりの相手と離婚したい方へ

 

厚生労働省の人口動態調査https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei18/index.htmlによると、2020年における婚姻期間が1年未満の離婚件数は12327件に及んでいます。

 

パートナーについて夫婦生活を機に知ることも多いため、結婚したばかりの相手との離婚を考えている方も少なくないことが伺えます。

 

今回は結婚直後の離婚を考えている方に向け、婚姻期間が短い夫婦の特徴と早期の離婚を会考えた方がいいケースについて解説し、離婚について弁護士に相談するメリットを紹介いたします。

 

婚姻期間が短い夫婦の特徴

 

結婚してすぐに離婚を考えることになる原因としては、以下の理由が考えられます。

 

①付き合ってた時と変わってしまった(結婚を期にパートナからモラハラやDVを受ける等)

②パートナーの病気

③子供ができない

④子供に対する価値観が違った

⑤パートナーの親族と折り合いが悪い

⑥浮気

 

パートナとの結婚生活でこうした特徴が当てはまる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

夫婦で話し合って改善が可能であるならまずは関係改善に動くべきですが、次に紹介するケースの場合、人生の貴重な時間を不満を抱えながら過ごすことがないよう早期の離婚を検討してみるべきでしょう。

 

その際、専門家である弁護士の協力を得ることで結婚してすぐの離婚をできるだけスムーズに進めることができます。

 

弁護士に相談した方がいいケース

相手と直接話したくない、話すのが怖い

 

結婚後に相手方の思わぬ一面を知った場合、混乱や不安を感じることは当然です。

 

さらに、相手方からモラルハラスメントやDVといった肉体的・精神的な被害を受けている場合は早期の離婚を考えるべきです。

直接的あるいは言葉による暴力を受けている場合、当事者間での対等な話し合いを行うことはできないといって良いでしょう。

 

そのようなケースでは、「相手から離婚を認めて貰えない」、「離婚の条件を話し合う際に反論できずに一方的な要求を認めさせられる」といったことが考えられます。

 

こうした場合には、自分だけで解決しようとせずに専門家である弁護士を頼るべきです。

 

感情的になり話し合いにならない

 

金銭面や子どもなどに対する価値観が根本から異なるため、当事者同士では冷静な話し合いができない場合には、弁護士に代理人として離婚の手続きを進めて貰うことが有効です。

 

また、感情に任せて離婚を急ぐあまり婚姻費用の額といった離婚条件を十分に議論しなかったせいで、離婚後まで後悔や思わぬトラブルを引きずってしまうことを避けられます。

 

 

結婚直後の離婚を考える場合は、多くの葛藤や不安があって当然です。そこで安易な選択やそもそも離婚に動けずに自分を苦しめることが無いよう、弁護士に相談するという道を検討してみてください。

 

離婚についての話し合いで弁護士に依頼するメリット

 

弁護士に離婚の協議を依頼することのメリットとして、

 

(1)相手方と直接やり取りする心理的負担がなくなる

(2)交渉のプロである弁護士に、離婚条件の交渉を任せられる

(3)離婚条件を法的効力を持った書面にまとめることができる

 

が挙げられます。

 

離婚条件の話し合いでは、納得できない要求に対して妥協せずに断ることが重要です。

後になって後悔することが無いように自分の要求を通して、公平な条件で合意を行うためにも交渉のプロである弁護士に依頼することが賢明といえるでしょう。

その際、離婚を専門とした弁護士に依頼をすることで離婚問題に精通した離婚の手続きをスムーズに進める助けにもなります。

結婚直後の離婚であれば早期に離婚を成立させることで、問題のある結婚生活からの被害を最小限に抑えられるだけでなく離婚後の生活や再婚といったその後の人生への前向きな一歩を進めることができるといえるでしょう。

 

弁護士に依頼するもう一つのメリットとして、協議によって決まった離婚条件を文書として残す際に法的な助言を得られる点です。

夫婦間の話し合いで取り決めた内容を「公正証書」として文書の形で残し「債務不履行時に強制執行」が可能となる様に文言を入れておくことで、離婚後に相手方が慰謝料等の支払いを拒んだ場合に裁判を起こすことなく相手の財産を差し押さえて支払いを受けられるようになります。

 

離婚後のトラブルを避けるためにも、弁護士のアドバイスの元で公正証書の作成を行うことが大切です。

 

最後に

 

結婚直後に離婚を検討する場合、価値観の違いや相手方の不倫や暴力といった重大性・緊急性の高い理由にお悩みの方が多い傾向にあります。

 

離婚原因が深刻なテーマであることからも、1人で解決しようとせずに離婚問題に精通した弁護士を頼ることが大切です。

 

弁護士による協力の元、離婚成立に向けて行動することは新しい生活への第一歩になります。

 

結婚してすぐに相手との離婚を考えている方は、是非弁護士にご相談ください!

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP