離婚請求されたけども離婚したくない方へ

配偶者から突然「離婚したい。」と言われたら、誰でも混乱してしまうと思います。

今回は、配偶者から離婚請求をされたけれども、離婚をしたくない場合、拒否することはできるのか、また、そのような事態になった場合の注意点等についてお話しいたします。

配偶者から離婚をしたいと言われても、ご自身に非(法定離婚事由①不貞②悪意の遺棄③三年間の生死不明④強度の精神病等)がなければ離婚を拒否することは可能です。特に理由がなく、一方的に離婚を要求し、離婚に至らせることは、民法では認められていませんので安心してください。

上記に挙げるような離婚事由がないのであれば、次に、離婚を回避するために何をしたらよいか考えてみましょう。

取り乱して相手にすがったりすると逆効果になりかねませんので、まずは冷静になり、間違った対応にならないよう情報収集をします。そして、なぜ配偶者が離婚したいと言ってきているのか、話を聞ける状況であれば、相手の言い分を聞いて解決策を探ります。話し合いができるような状況でない場合、冷却期間を置くこともひとつの手ではありますが、別居はお勧めできません別居期間が長くなると、それが離婚事由になる可能性があるからです。

また、勢いに押され、相手の要求を吞むようなことがないよう気を付けてください。勝手に離婚届を出されないよう、市区町村に「離婚届不受理申出」を出しておくことも大切です。 突然離婚請求をされたら慌ててしまうのは当然です。

離婚請求をされてお悩みの方は、一人で悩まず、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

The following two tabs change content below.
アバター

葛西臨海ドリーム法律事務所

西葛西駅より徒歩1分の場所に位置する、離婚分野に注力している法律事務所。豊富な経験を持つ複数の弁護士で迅速な対応。浦安新聞にて離婚に関する連載も執筆している。まずはお気軽にお問い合わせください。

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP