慰謝料請求を受けた場合

浮気相手の配偶者から、不貞の慰謝料請求を受けた場合、どのような反論があり得るでしょうか?

法律上の不貞行為とは、異性との性交渉を意味します。単に交際していたことではありません。

従って、まずは不貞行為を行っていないとの反論があり得ます。

しかし、実際には、交際中に性交渉を行ったケースも、少なからずあると思いますので、そのような場合に、どのような反論が可能であるかが問題です。

不貞行為の慰謝料請求が認められるのはどのような場合でしょうか?

まず、不貞の慰謝料請求が認められるためには、相手が既婚者であることを知っていたか、又は、容易に知り得たことが必要です。

従って、相手が独身であると称したり、独身であるかのように振る舞っていたような場合は、独身であると思っていた、と反論することが可能です。

次に、すでに相手方の夫婦関係が破綻していた場合は、その後に行われた不貞行為については、慰謝料請求することはできません。

従って、相手方夫婦が長期間別居していたとか、すでに破綻していると聞いていた等の事情があれば、

性交渉はあったが、夫婦関係破綻後であったとの反論の余地があります。

慰謝料請求金額が減額されることもあるのでしょうか?

慰謝料請求自体は認められるにしても、慰謝料の減額事由となるような事情もあります。

例えば、不貞発覚後に相手方夫婦の関係が修復できて離婚に至らなかったとか、離婚の際に一定の慰謝料をすでに受け取った等の事情です。 

これらの知識がないと、罪悪感から、請求通りの金額を払ってしまうことにもなりかねません。

従って、慰謝料請求を受けた場合には、言い分がある場合は勿論、支払って解決する意思がある場合でも、

まずは専門家である弁護士に相談してみることをお勧めします。


PAGE TOP