モラハラ離婚を弁護士に依頼するメリット

1 モラハラ夫の特徴

  モラハラ夫の特徴としては、職場や家庭の外では普通の人のように見えることが多いのですが、家庭の中では、「妻を無視する」、「妻の言動に舌打ちをする」など不機嫌なことを態度で明確に示し、また「一方的にお前が悪いと決めつける」、「意見されると切れる」、など自己の行動や意見を正当化せずにはいられません。これに加え、「妻の行動を制約する」、「逐一金銭の使い道を報告させる」など妻をコントロールしようとするなどの言動が見られます。

これは成育環境の影響や生来的に備わった人格的特徴でもありますので、なかなか改善が見込めるものでもありません。夫のモラハラが常態化、激化すると、夫と口を利いたり、顔を合わせるのが辛くなり、次第に家庭内別居状態や、さらには実際の別居に至ることも多いです。

 

2 モラハラ離婚を弁護士に依頼するメリット

 (1)相手方とやり取りをしなくて済む

    モラハラ夫の特徴として、妻の意見を無視あるいは否定する傾向があります。夫のモラハラで当事務所にご相談に来られるご相談者様は、夫が聞く耳を持たなかったり、頭ごなしに否定されるなどして、夫との正常な会話が成り立たなかったり、いちいち嫌味を言い返してくる夫と口を利くこと自体が苦痛で会話が断絶している状態になって来られることが多いです。このような場合、弁護士に依頼すると、以後は弁護士が窓口になってやり取りをしますので、直接、夫と話しをする必要がなくなります。

 (2)相手方の理不尽な主張に丸め込まれない

    モラハラ夫の特徴として、自分の方が正しいと思い込んでいる傾向があります。例えば、モラハラ被害にあった妻が、家を出て別居した場合、「お前の方から家を出て行ったのだから婚姻費用は払わない」と主張するモラハラ夫がいます。このような主張は、法律的には誤りなのですが、モラハラ夫は、自分の考えが正しいと思い込んでいるため、妻から婚姻費用を請求しても、なかなか応じてもらえません。このような場合に、専門家である弁護士に依頼して、請求してもらうと婚姻費用を支払ってもらえる場合が多いです。

 (3)別居先を知られなくて済む

    モラハラ夫との離婚では、ある時点で、別居に至ることも多いです。このような場合、夫による付きまといを心配して、転居先を知られたくないと考えるご相談者様も多くいらっしゃいます。そのようなときに、弁護士に依頼すると、夫との事務連絡なども弁護士を介して行うことが可能となりますので、夫に転居先を教える必要もなくなります。

 (4)段取りや準備すべきものが分かる

    モラハラ夫との離婚では、夫側がすんなりと離婚に応じるケースは少ないので、調停や裁判を見据えなければならないケースも生じてきます。このような場合、離婚手続のステージに応じて、「調停や裁判の手続きをどのように進めていったらよいのか?」、「証拠として何を集めればよいのか?」、「別居のタイミングや準備はどうすればいいのか?」等の疑問が次々に生じます。

    また,モラハラ夫は、自分の稼いだ金銭をできるだけ自分でコントロールしようとする傾向があり、自己の管理する財産は妻に知られないようにしていることが多いです。そのため、財産分与を行おうとする時に、夫の財産がわからないことが多々あります。

弁護士に依頼すると、これらの段取りや準備すべきものを教えてもらえます。

 

3 当事務所は、モラハラ夫との離婚案件を多数扱っておりますので、モラハラ夫との離婚

をお考えでしたら、まずは当事務所までご相談ください。

 

「パートナーのモラハラでお悩みの方へ」の記事はこちら

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP