不貞慰謝料請求の時効

慰謝料には時効があり、不貞の慰謝料は「損害及び加害者を知ってから3年間」とされています。

つまり、配偶者が不倫していることと不倫相手を知ってから3年が経過したら慰謝料請求できなくなってしまうのです。

しかし、例えば、「夫が不倫しているのを知りながら慰謝料請求はせず、婚姻関係を継続させる努力をしてきたが、やはり許すことができず、10年後に離婚を決意。それと同時に慰謝料請求もしたい。」といった場合、我慢し続けた上、時効により慰謝料請求はできなくなってしまうのでしょうか。

このような場合、不倫相手に対する慰謝料請求は、不貞の事実を知ってから3年でできなくなりますが、

配偶者に対する慰謝料請求については、婚姻が継続している限り、原則として消滅時効になりませんので、

離婚後3年間まで請求することができます。

ただ、不倫相手に対する慰謝料請求についても、「不法行為」をどのようにとらえるかによっては、消滅時効の起算点を離婚日として、慰謝料請求が認められたケースもあります。

 

このように、一概に3年と言っても、起算点をいつにするかで、時効だと思っていた慰謝料請求ができる可能性もあるのです。ただし、浮気・不倫関係が始まってから「20年(除斥期間)」という期間は伸ばすことができませんので、21年前の不倫についての慰謝料請求はできないとういうことになります。

 

不貞慰謝料請求でお悩みの方は、諦めていた慰謝料請求ができる可能性もありますので、まずは専門家に相談されることをお勧めいたします。

The following two tabs change content below.
アバター

葛西臨海ドリーム法律事務所

西葛西駅より徒歩1分の場所に位置する、離婚分野に注力している法律事務所。豊富な経験を持つ複数の弁護士で迅速な対応。浦安新聞にて離婚に関する連載も執筆している。まずはお気軽にお問い合わせください。

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP