戸籍上注意すべき子の氏の変更許可

離婚をしても、何も手続きをしなければ、子どもは婚姻中の戸籍に入ったままになります。親権者がどちらであるかは戸籍とは関係ありません。では、離婚した妻が、子どもを自分の戸籍に入れ、自分と同じ氏を名乗らせたい場合、どのような手続きをすればよいのでしょうか。

離婚後、子どもを自分の戸籍に入れたい場合、まず、自分を筆頭者とする戸籍を作ります。戸籍の中で構成されるのは二世代までと決まっており、自分の親の戸籍に、自分と子どもが入ると三世代になってしまうため、子どもを自分の親の戸籍に入れることはできません。新しい戸籍ができたら、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申し立てを行います。裁判所から「許可審判書」が発行されたら、審判書持って役所に行き、自分の戸籍に入れるための「入籍届」を提出します。

ここで、注意すべき点は、婚姻中の氏を名乗る場合でも、「子の氏の変更許可」が必要であるということです。例えば、婚姻中の氏が「葛西」で、離婚後も婚姻中の氏である「葛西」を名乗りたい場合、子どもの氏は「葛西」で変わることがないため、氏の変更許可は必要ないように思えますが、同じ「葛西」でも、法律上は違う「葛西」となるため、手続きが必要になるのです。

離婚後は、様々な手続きが必要となり、子どもがいる場合は特に、保険や戸籍などの手続きが複雑ですので、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

The following two tabs change content below.
アバター

葛西臨海ドリーム法律事務所

西葛西駅より徒歩1分の場所に位置する、離婚分野に注力している法律事務所。豊富な経験を持つ複数の弁護士で迅速な対応。浦安新聞にて離婚に関する連載も執筆している。まずはお気軽にお問い合わせください。

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP