離婚問題を弁護士に相談するタイミング

こんにちは。弁護士の矢野京介です。

今回は、「弁護士に離婚相談をするタイミング」についてお話しいたします。

話し合いをしようと思うけれども、どのように話を切り出したらよいのか、何を決めればいいのか、事前にどういった準備をすればいいのかなど、意外と分からないことが多く、決めなくてはならないことが多い離婚。依頼者様の中には、「もう少し早い段階で相談に来てくれていたら・・・」と思う方がいらっしゃいますので、現在離婚についてお悩みの方は参考にしていただければと思います。

タイミングとしては、「話し合いを行う前」「別居する前」「調停をする前」と、何か行動を起こす前の段階でご相談されることをお勧めいたします。「相手が作成した離婚協議書に半ば強制的に署名押印をさせられ離婚してしまったけれども納得ができない。」といったご相談を受けることがあるのですが、一度決めてしまった内容を変更するには、調停を申立てなくてはならなかったりと、何かと面倒なことが多いため、署名押印する前に財産分与や養育費の金額は妥当なのか等専門家にチェックしてもらうのが良いでしょう。

別居をお考えの方は、事前準備や別居の手順など、別居する前にやっておいた方が良いことがありますので、別居する前に専門家に相談されることをお勧めします。また、離婚調停の場合、調停員の方を通して離婚の話を進めるのですが、相手のペースで話が進んでしまうことがないよう、また自分の意見をきちんと調停員の方に伝えることができるよう、専門家にアドバイスを受けると良いかもしれません。

離婚はとてもプライベートな問題ですので、相談することを躊躇している方も多いのではないかと思いますが、何か行動を起こす前の段階で、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。


当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP