共有名義の不動産の財産分与について

離婚に伴う財産分与あたって、共有名義の不動産がある場合、どのような分け方があるのでしょうか。特に、住宅ローンが残っている場合に問題が複雑となります。

 

具体例を挙げてみましょう。夫と妻の共有名義(夫:50% 妻:50%)のマンションがあり、時価が3000万円、夫名義の住宅ローン債務が2000万円残っているとします。

 

この場合に、住宅ローンを借り入れている銀行との関係で押さえておくべきポイントが2つあります。1点目は、銀行と夫との金銭消費貸借契約の中で、住宅ローンの完済前に不動産の所有名義を変更するときには銀行の承諾を要する旨の定めがなされていることが一般的であるという点です。しかも、銀行に所有名義の変更を申し出ても承諾してくれないことが多いです。2点目は、銀行に債務者の変更を申し出ても、応じてくれることは期待できないという点です。つまり、夫は、銀行との関係では、完済するまで住宅ローンから逃れることは難しいということです。

 

以上の前提で、共有名義の不動産の財産分与の仕方としては、次のような方法が考えられます。

1 不動産を3000万円で売却し、住宅ローン2000万円を返済して、残った売却益1000万円を500万円ずつ分ける方法(※実際は不動産業者の手数料等も掛かりますが、分かり易くするために細かい話は省略します。)。

 夫(または妻)が、銀行に対して住宅ローン2000万円を繰り上げ返済した上で、妻(または夫)に対し、売却益の2分の1相当額の500万円を払って、50%の持ち分名義を移転してもらう方法。繰り上げ返済の方法としては、実家からお金を借りたり、他の金融機関で借り換えをすることが考えられます。

3 所有名義と住宅ローンは、当面の間、現状維持の形にしておいて、夫と妻の間で、将来の取り決めをしておく方法。例えば、妻から夫に幾らかを払う代わりに、住宅ローンを完済したら、夫の持ち分名義を妻に移転すると約束した上で、その間の住宅ローンは、妻が負担するという取り決めをすること等が考えられます。

 

共有名義の不動産の分与は、金融資産などの他の財産の分与や養育費の支払い等にも影響を及ぼしますので、詳細は、離婚問題に強い弁護士に相談することをお勧めします。


当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP