貞操権

交際相手に独身だと伝えられお付き合いをしていたが、実は既婚者であった場合、「貞操権」の侵害を理由として、相手に慰謝料請求できる可能性があります。「貞操権」とは、性的関係を結ぶかどうかを自分自身で決定する権利です。「既婚者と知っていたなら性交渉に応じなかった。」「だまされて性行為をさせられた。」ということができ、よって貞操権の侵害が成立します。ただし、交際をしていてもプラトニックな関係であったり、結婚の話は特にされたことがなく、勝手に未婚と思い込んでいた場合や自分から積極的にアプローチして交際を始めた場合などは慰謝料請求できない可能性が高いでしょう。また、最初は独身と偽わられ交際を開始したものの、後に交際相手が既婚者とわかっても別れずに不倫関係を続けていると、相手の妻から慰謝料請求をされてしまう可能性が高くなります。既婚者であると知った時点から「故意」に不倫を行ったことになるからです。

交際相手に騙されていたことが分かり、貞操権侵害で慰謝料請求する場合には「証拠」が必要となります。相手が「結婚したいね。」等の発言をしているラインやメールのやり取り、婚活パーティに参加したときの資料等があるといいかもしれません。

被害者の方にとっては貞操権の侵害であったとしても、交際相手の妻からすると「不倫」と捉えられ、場合によっては交際相手の妻から不貞慰謝料請求をされることもありますので、貞操権侵害の慰謝料請求については慎重に対応する必要があります。不貞慰謝料請求や貞操権の問題でお悩みの方は、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例-

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP