収入のない専業主婦は親権者の適格性がない?

最近のご相談事例で、気になる論点があったのでご紹介しておきます。

ご相談者は、専業主婦で、夫と離婚協議中だったのですが、

夫の方から、「(ご相談者は)収入がないから裁判をしても子供の親権は取れない」という趣旨のことを言われて、子供の親権を諦めておられました。

一見すると、離婚した場合、直ぐには職が見つけられない専業主婦よりも、経済力のある夫の方が、

T2A_0264

子供の養育の観点から、親権者としての適格性があるように思われがちで

すが、この考え方は明らかな間違いです。

妻の経済力は夫から支払われる養育費によって補うことが可能だからです。

休日のない家事労働が地味で報われない仕事であることは、理解している

男性は理解しています。

専業主婦という立場に負い目を感じる必要は全く

ありませんから、専業主婦の皆さんは自信を持って頑張って下さい!

 

トピックスの最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP