有責配偶者からの離婚請求

ご相談依頼者
妻(主婦)

相手方
夫(会社員)

結婚歴
4年

別居の有無
別居

子ども
なし

主な争点
有責配偶者からの離婚請求の可否

解決までの期間
3年

相談に来たきっかけ

依頼者の親族からの相談

事案の概要

依頼者は、夫から、「別れて欲しい」と切り出され、これに応じないでいたところ、夫が家出。夫は、依頼者が家事をしない等を理由に離婚調停を申し立てた。

しかし、依頼者が、夫の会社の同僚に尋ねたところ、社内に仲良くしている女性がいるらしいことが判明。

調査会社に調査を依頼したところ、夫が、朝、女性宅から出勤した場面が撮影できた。

解決内容

夫の申し立てた1回目の離婚調停については依頼者が離婚を拒否して不調。

その後、夫は、半年くらい期間をあけて、2回目の離婚調停を申し立てて来たが、依頼者が離婚を拒否して不調。

さらに、夫は、3回目の離婚調停を申し立てて来たが、やはり不調。

その後、夫は、離婚裁判を提起したが、1審裁判所は、夫の有責性を認めて、夫の請求を棄却。夫が控訴し、2審で夫が数千万の慰謝料を支払うことで和解により離婚成立。

解決のポイント

有責配偶者からの離婚請求で調停委員や裁判官の理解を得ることは困難。

開き直って不合理な主張をすると、かえって泥沼化し、紛争が長期化する。有責配偶者が、離婚を望むのであれば、多少の出費はやむを得ないと覚悟して、話し合いで解決すべし。

会社員の最新記事

女性の最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP