経済的事情から、すぐには離婚に踏み切れない女性が夫に一定の事柄を誓約させて夫婦関係を修復した事例

依頼者

40代女性

相手方

40代男性

別居の有無

なし

主な争点
①夫が不倫をしたけれども、経済的不安から離婚できない妻の対処方法

解決までの期間
2か月

事案の概要

妻と夫の間には、子供がおり既に成人していたが、夫は長年不倫しており、不倫相手との間にも未認知の子供がいた事案。妻からご相談を受けました。

 

問題点

不倫をされた妻としては、離婚して、夫と不倫相手に慰謝料請求をするという方法もありましたが、夫に相応の収入があり、離婚により生活レベルが落ちる等の経済的不安もありましたので、夫に幾つかの事柄を誓約させて、夫婦関係を修復する方向で解決を図ることに致しました。

 

解決内容

妻と夫の間で、不倫相手に慰謝料を請求しない代わりに、

①夫が妻に対し謝罪し、今後、夫婦関係の修復に努めること、

②今後は、夫の財産や収入のうち、不倫相手の子供に払う養育費を除いた分を、全て妻側で管理させてもらうこと(今後、夫婦の家計から不倫相手に余計な金銭を払うことのないようにするためです。)、

③将来、離婚をすることになった場合には、今回の不貞行為の慰謝料として○○○万円を支払うこと等

を内容とする公正証書を作成しました。

解決のポイント

不倫が発覚すると、離婚や慰謝料という話になりがちですが、経済的事情等から、すぐには離婚に踏み切れない女性も少なくないと思います。

しかし、泣き寝入りもしたくない。そのような場合に、夫に一定の事柄を誓約させて夫婦関係を修復するという方法もありますので、今回、ご紹介させて頂きました。

中高年世代の最新記事

女性の最新記事

年代の最新記事

性別の最新記事

解決事例の最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP