浦安新聞連載コラム「家庭の法学」⑳離婚後の戸籍と姓

浦安新聞11月

こんにちは、弁護士の矢野京介です。

今回のテーマは、「離婚後の戸籍と姓」についてです。

結婚すると、夫または妻を筆頭者とする新しい戸籍がつくられます。

その後、離婚が決定したら、離婚後の戸籍と姓をどうするか決める必要があります。

未成年の子がいる場合には、子どもの戸籍と姓のことも考えなくてはなりません。

筆頭者でない者は、戸籍と姓をどうするか、次の3つのパターンから選択することができます。

①旧姓に戻り、結婚前の戸籍に戻る。筆頭者でない夫または妻は、離婚届を提出すると、原則として、元の戸籍に戻ります。

②新しく戸籍をつくり、旧姓を名乗る。

③新しく戸籍をつくり、婚姻中の姓を名乗る。

新戸籍をつくる場合、姓については旧姓か婚姻中の姓か選択することができますが、婚姻中の姓を名乗る場合、離婚届提出後3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出する必要があります。
 では、離婚する夫婦に子どもがいる場合、離婚後の子どもの戸籍はどのようになるのでしょうか。子どもの戸籍は、両親が離婚したとしても変わることはありません。筆頭者の戸籍にそのまま残ります。
筆頭者が夫で、筆頭者でない妻が親権者になって、実際に子どもと生活したとしても、子どもの戸籍は変わらないのです。このようなケースでは、親権者となった妻からすると、自分と同じ姓にしたい、自分の戸籍に入れたいと思うでしょう。

では、どうすれば、妻は子どもと同じ戸籍、同じ姓になることができるのでしょうか。

まず、「子の氏の変更許可申立書」という書類を家庭裁判所へ提出し、裁判所から許可をもらいます。

そして次に、子供を母親の戸籍に入れる手続き「入籍届」を役所に提出します。

少し面倒ではありますが、離婚後の戸籍と姓をどのようにしたいのか考え、期間内にきちんと手続きを行うことが大切です。

 

トピックスの最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP