30代外国籍の女性通訳の依頼者が、離婚事由のない裁判で相手が本人訴訟だったため離婚を勝ち取った事例

依頼者
30代外国人女性(正社員)

相手方
夫(失業中)

別居の有無

別居

主な争点
離婚

解決までの期間
半年

事案の概要

日本人男性と結婚していましたが、夫が心の病気で失業しており、離婚したいが相手の合意が得られないとのことで依頼されました。

解決内容

裁判の段階で依頼されました。心の病や夫側の特殊な癖が考慮され、離婚が成立しました。

解決のポイント

本来であれば、離婚を成立させる上で必要となる離婚事由がないということで、離婚が認められる可能性の低い裁判でした。

しかし、夫側が本人訴訟(裁判において弁護士を自身の代理人として立てずに行う方法)であったため、きちんとした立証活動を行えていなかったというのが、今回の離婚裁判が成立した理由です。

当事務所の依頼者にとってはそのことがこちらに追い風となり、離婚することができました。

 

 

 

トピックスの最新記事

解決事例の最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP