パートナーには内密に慰謝料請求への対応をしたい方

依頼者
40代女性(パート)

相手方
浮気相手の妻

別居の有無
同居

主な争点
慰謝料

解決までの期間
2ヶ月

相談に来たきっかけ

HPを見て

事案の概要

相談者の方は、江戸川区在住の40代の女性。ダブル不倫の案件でした。

浮気相手の奥様に不倫していることがばれてしまい、300万円の慰謝料請求をされたということで相談にいらっしゃいました。

解決内容

本人としては、自分の旦那さんには内密に慰謝料請求に対応したいということだったので、

本来支払わなくてもよくなる可能性がある請求金額について支払う前提で、

夫に内密に事を進める選択をされました。

その上で、弁護士として、可能な限り請求金額を抑える交渉を進めた結果、

慰謝料として100万円と、今後本件に関して一切口外しないという約束を取り付ける形で、

解決することができました。

解決のポイント

ダブル不倫などのように双方の配偶者に原因があった場合、夫が妻の浮気相手に対し、

妻が夫の浮気相手に対し、それぞれ慰謝料請求を行なうことは可能です。

しかし、双方の家庭が離婚をしない場合などでは、家計単位で見たときに差し引き0円となりますので、

慰謝料請求にかける時間と労力の無駄になります。

このようなケースにおいては、夫側、妻側双方が慰謝料請求を放棄する形で解決を図ることもありえます

ただし、その前提として、それぞれの配偶者が不貞行為について知っていること

そして双方の夫婦が離婚をしないことなどが条件となります。

一方の配偶者がまだ不貞行為を知らない場合には、当該配偶者に知られないように慰謝料を払って解決することもあり得ます。

また、どちらかの家庭が破綻して離婚した場合には、慰謝料の支払いは避けられないので、減額交渉をすることになります。

 

今回のケースは、一方の配偶者がまだ不貞行為を知らず、当該配偶者に知られないように慰謝料を払って解決するパターンでした。

この方針の決定については、慰謝料請求の専門家である弁護士に相談して、アドバイスを受けましょう。

解決事例の最新記事

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP