不倫相手に対する慰謝料請求

1 不倫相手にも慰謝料請求できるのでしょうか?

夫(妻)が不倫をした場合、原則として、夫(妻)に対する慰謝料請求を行なうのと同じように、

不倫相手(愛人)に対しても、婚姻関係を侵害したことに対する精神的損害として慰謝料請求を行なうことが可能です。

例えば、夫が会社内の女性と社内不倫をした場合、妻が夫に対して慰謝料請求を行なうのと同じように、

不倫をした女性に対しても慰謝料請求をすることが可能です。

2 浮気相手に対する慰謝料請求が認められない場合とは?

不貞行為時に、すでに別居するなどして夫婦関係が破綻していたり、事実上の離婚状態にあった場合には、婚姻関係を侵害したとはいえないので、慰謝料請求は困難です。

また、例えば、浮気相手の女性が、夫から「妻とは離婚手続中である」などと偽った情報を聞かされていた場合は、浮気相手に故意又は過失がないとして、慰謝料請求が認められない場合があります。

ただし、このようなケースにおいては、通常、当事者の主張が対立しますので、最終的には、裁判所が、客観的事実や証拠に基づいて、夫婦関係の破綻の有無浮気相手の過失の有無を判断することになります。

不倫相手への慰謝料請求をお考えの方は、客観的な証拠を揃え、確実に慰謝料請求を行なっていくためにも、まずは専門家である当事務所にご相談ください。


当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP