不倫相手への慰謝料請求について

1 浮気相手にも慰謝料を請求できるのでしょうか?

配偶者だけでなく、不倫の相手方に対しても慰謝料を請求することは可能です。配偶者との離婚手続と並行して、或いは離婚しない場合でも、不倫相手に慰謝料を請求できます。

2 不倫相手への慰謝料はどれくらい請求できるのでしょうか?

不貞行為の期間、離婚の有無、すでに配偶者から慰謝料を受け取っているか否か等の事情により、ケースバイケースですが、普通は数十万から300万円の間、ごくまれに500万円という慰謝料を認めたケースもあります。

但し、不貞のあった時点で既に婚姻関係が破綻していたと見做される場合や、浮気相手が、夫から「妻とは離婚協議中である」などの嘘の話を聞かされていた場合には、慰謝料請求が認められない場合もあります。

3 慰謝料請求をする手順は?

不倫の相手方が特定されている事が大前提ですが、慰謝料請求をする場合、まずは「話し合い」ということになります。但し、この場合、単に「話し合いたい」と申し入れても、無視されたり、変にもつれたりする事がしばしばあります。

このため、弁護士に相談し、内容証明を送った上で、護士を代理人として話し合うのが良いと思われます。(詳しくは、慰謝料請求に関する記事をお読みください。)

以下のようなことでお悩みの方は、当事務所にご相談ください。

○ 不倫相手に慰謝料を請求したい
○ 不倫相手に慰謝料を請求したいが、修羅場にはしたくない
離婚する気はないが、不倫相手に慰謝料を請求すべきかどうか、相談したい


当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP