国際結婚契約書の作成サポート

国際結婚契約書とは、これから国際結婚をされる男女、あるいは既に国際結婚されている夫婦の間で、今後の円満な夫婦関係を構築するために、結婚生活の約束事を決めて作成する契約書のことです。

これは、まだ日本では、取り扱っている弁護士は少ないですが、夫婦関係の破綻などを未然に防止する予防法務という取扱分野になります。

1 国際結婚契約書を作成するメリット

国際結婚契約書も、結婚契約書の一種ですので、円満な夫婦関係を構築するために作成するものであることは同じです。

しかし、国際結婚の場合は、文化、宗教、子供の国籍、将来の居住地など難しい問題がありますので、不安や離婚の火種を事前に解消しておく必要性がより強いのです。

2 国際結婚契約の内容

夫婦の約束事ですから、決まりや定型はありませんが、普通の結婚契約書では、大きな項目としては、仕事と家事の分担に関すること、お金に関すること、子育てに関すること、親族との付き合い方に関すること等を定めます。

しかし、国際結婚の場合は、これらに加えて、上記の宗教、国籍、居住地などを定めることになります。

当事務所では、オリジナルチェックリストに基づいて、インタビューを行います。

3 国際結婚契約書の種類

私製契約書と公正証書の2種類があります。当事務所で作成するのは私製契約書ですが、あとから騙されて書かされたとか、脅されて書かされた等のトラブルが生じないよう、弁護士も立会人として、署名押印します。

公正証書で作る場合は、公証人が契約書を作成する際に、お二人の意思を確認して、公証人が公正証書に署名押印しますが、

公証役場では、公正証書の控えを保管してくれますので、将来、紛失や廃棄された場合に、写しを入手することができます。

国際結婚契約書に関心がおありでしたら、一度、当事務所まで、お気軽にご相談ください。インタビューに基づいて、ご希望に沿ったオーダーメイドの契約書を作成いたします。

当事務所の新着解決事例&トピックス

特徴的離婚問題解決事例

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 銀行員
  • 公務員
  • 専門家
  • その他

ご自身のケースに当てはめて、解決事例をご確認ください。その他、職業別の離婚の特徴についてまとめてありますので、ご覧ください。

サービスメニュー選び方

  • 相談
  • 離婚協議サポートプラン
  • 離婚調停手続サポートプラン
  • 離婚裁判手続サポートプラン
  • 離婚協議書等作成プラン
  • 離婚協議代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚裁判代理プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 子の監護に関する調停代理プラン
  • 慰謝料請求された側
  • 慰謝料請求する側
婚前契約
PAGE TOP